横浜楽友会

SQSドヴォルザーク・プロジェクト2018開催!

ショスタコーヴィチ・プロジェクト(パシフィカ・クァルテット)、ベートーヴェン・サイクル(ロータス・カルテット)に続くSQSプロジェクト企画の第3弾として、来年(2018年)9月にウィハン・クァルテットによるドヴォルザーク・プロジェクト2018を開催することになりました。全4公演で、中期の第8番以降の弦楽四重奏曲7曲+糸杉全12曲+弦楽五重奏曲Op.97を演奏します。日程及び曲目等は、次の通りです。

 

     第1夜 9月21日(金)

   糸杉 第1-3曲、弦楽四重奏曲 第9番 Op.34、弦楽四重奏曲 第10番 Op.51

 第2夜 9月25日(火)

   糸杉 第4-6曲、弦楽四重奏曲 第8番 Op.80、弦楽四重奏曲 第12番 Op.96「アメリカ」

 第3夜 9月26日(水)

   糸杉 第7-9曲、弦楽四重奏曲 第11番 Op.61、弦楽五重奏曲 第2番 Op.97

                                                                                                             ヴィオラ:小峰航一(京都市交響楽団首席奏者)
     第4夜 9月28日(金)

   糸杉 第10-12曲、弦楽四重奏曲 第14番 Op.105、弦楽四重奏曲 第13番 Op.106

 


「クラシックコンサートをつくる。つづける。      ~地域主催者はかく語りき」 公表発売中!

当会代表の平井と音楽ジャーナリスト渡辺和氏による共著本「クラシックコンサートをつくる。つづける。」が発売されました。この欄をご覧の皆さまには、特別価格2200円(税、送料込)にて販売します。ご希望の方は、メールにてお申込みください。⇒ heymann@s9.dion.ne.jp

こちらからもお申込みできます。

「音楽の友」10月号で書評が出ました。

 

「クラシック・ニュース」に著者2人のインタビューがアップされました。⇒  コチラ


書評がウェブマガジン「MERCURE DES ARTS」に掲載されました。


米子労音の機関紙で紹介されました。


月刊「地方自治 職員研修」という雑誌の10月号で紹介されました。


「クラシック・ニュース」で紹介されました。

ウェブサイト「クラシック・ニュース」で横浜楽友会の活動が紹介され、平井代表へのインタビューがアップされました。こちら


ショスタコーヴィチ・プロジェクト        「音楽の友」2016年ベストテンで                     渡辺和彦氏が第1位に!

横浜楽友会が贈る魅惑のコンサート・シリーズ

(主催:ひまわりの郷、横浜楽友会)


(主催:横浜楽友会  共催:サルビアホール)